私が体験談を書いたら、それで風俗に行く努力をしよう。

熟女デリヘル嬢は素晴らしい

どうせプレイするなら若い子の方がいいと思っていた自分を殴ってやりたいです。熟女なんて身体の色々なところにハリもなくなって、触っても楽しくないだろうなんて考えていました。実際AVを観ても燃えませんし、やっぱりただのオバサンだよなと思っていたんです。

そんな私がババアとバカにして追い返すつもりで福岡の人妻専門デリヘルに電話を入れたのは、完全にお酒に酔った勢いでした。

酔いが覚めてからシャワーを浴びつつ後悔していたのですが、呼び鈴が鳴って開けた玄関先に立っていたのは色気がダダ漏れの妖艶な美熟女で、思わず生唾を飲み込んでしまいました。私でよろしいでしょうかと聞かれてもハイとしか答えられません。

実際心の中でヤバイヤバイと思いつつプレイに入ると、驚くくらい反応してしまっているし、身体も若い子とは違った触り心地が堪らないし、何より口技も手技も完璧であっという間に上り詰めてしまいました。

翻弄されっぱなしで過去最高の早さで出してしまったときには本当に恥ずかしかったです。そのときのTさんは今でもご指名しています。熟女たまりません。
福岡デリヘル[駅ちか人気デリヘルランキング!!]

寂しさを埋めるためのデリヘル

若いうちは一人で生きていく事に私は全く抵抗感がありませんでした。むしろ自分の稼いだお金を自分だけのために使えるというメリットしか、独身生活には存在していないように感じていたのです。しかし歳を取るたびに寂しい気持ちが増してきます。

しかし今季を逃してしまったようにも感じていて、なかなか出会いの場も見つけられないし、積極的に相手を探すこともできません。そんな生活の中で最近は寂しさを埋めるためにデリヘルを使っています。呼んでいるのは2人のローテーションです。

一人は年下の大人しそうな子、もう一人は同世代くらいの包容力のある女性。週に一回ずつそれぞれを家に招いて楽しませてもらっています。それぞれのプレイは全く違うので飽きることなく楽しめるのはもちろん、それぞれの良い部分から元気をもらっているように感じています。

お金のかかる楽しみ方ではあるものの、デリヘルを呼んで性欲を発散し寂しさを紛らわせるというのはいわゆる独身貴族に許された人生の生き方の一つのようにも感じています。

デリヘルでの金髪ギャルとのプレイ

私はごく普通の30代のおっさんです。日々、仕事で忙しく過ごしているのですが、そんな私のストレスと性欲の解消方法はデリヘルです。これまで数年間デリで遊んできたのですが、最近ちょっと飽きてきました。そこで、今、はまっているのがギャルのデリヘルです。

今日は、先日体験したデリヘル嬢とのプレイについて記したいと思います。そのお店はギャルのデリ嬢が多数在籍していることを売りにしているお店でした。私はこれまで一般人以外とエッチなことをした体験がありません。

やはり、最初は黒ギャルがいいなと思い、黒ギャルのデリヘル嬢を指名しました。部屋にやってきたのは、20代と思われる長身の金髪女性でした。正直、顔はそれほどかわいくなかったのです。スタイルはちょっと太めでした。おっぱいはFはあるかなという感じの巨乳です。

しかし、残念ながら若いのにすでに垂れ気味でした。それほどブラしないからなのかもしれません。プレイ自体は特に変わったことはなかったのですが、声が大きくてちょっと焦りました。